「かぐや姫の物語」感想

年が明ける前に、「かぐや姫の物語」2回目に見た感想を。
 
---
1回目に見たときは完全にノックアウトされたこの映画。
2回目もやっぱり、見終わった後にずっとほわほわしてました。
 
平安時代の装束とか暮らし方とか本当にこうだったんだろうなぁと思うし、画面の隅々まで人物や動植物が生きていて、ちゃんとそこに意図をもって存在してる。
 
何より石作皇子の言葉が私にはストライクすぎた。
鳥たちが歌い、花が咲き乱れ、自然が自然のままで存在する「ここではないどこか」へ行きましょう、と、都会暮らしに疲れた姫に彼は言う。
 
「ここではないどこか」
ずっと、私が探してたもの。
大学時代はバックパック片手に世界を旅して、どこでも生きていけるという自信と引き換えに、「でも自分が責任を背負って生きていける場所はここしかない」と思って、日本で生きていくことを決めた。後悔も迷いも一度だってないけど、ガーナの山奥で自然と共に暮らした幸せな時間は、時々恋しくなる。
 
土に根をおろし、風とともに生きよう。
種とともに冬を越え、鳥とともに春を歌おう。
 
ゴンドアの谷の歌よ。
 
どんなに恐ろしい武器を持ってても、
土からはなれては、人は生きられないのよ。
 
天空の城ラピュタ」のシータの言葉がフラッシュバックする。
 
 
姫は言う。
「生きている実感さえあれば」、と。
 
生きている実感なんて、どれだけの人が感じられているんだろうか。
多分それは独りではダメで、誰かと話したり笑ったり交流したり。それが「人間らしさ」というものの本質の1つで、高畑さんがいまの世の中に訴えたいものなのかなぁと思った。
 
 
あと、最後の音楽が最高。
映画で見るのもいいけど、テレビから流れてくるとすごくドキドキする。いまの時代にちゃんと合ってて、みんなが求めてるのはこれなんじゃないかと思った。
(つまり「ええじゃないか」なんだけど)
 
 
全体を通して言えることは、高畑さんの映画はとにかく絵が脳裏に焼きつく。「火垂るの墓」でサクマドロップスが私のトラウマになったように、満開の桜や草っ原から飛び出てきたカマキリ、小川に回る水車、冬にじっと耐えて蕾を膨らませた桜の木を見る度に、きっと私はこの映画のことを思い出さずにはいられないんだろうな。
 
 

とあるロンドンの一日

今日もロンドンです。19時のフライトでスペインに移動するのですが、朝起きて困りました。することがないのです。

実はロンドンはこれまで何度も訪れており、大英博物館もビッグベンも行っています。
舞台の本場ということでミュージカルを見に行ければ良いのですが、あいにく平日はどのステージも夜しかやっていません。
仕方がないので1日、街をぶらぶらすることにしました。

イギリスといえば、ということでハロッズ百貨店に行ったのです。1Fには高級ブランドのカバンやアクセサリーが並んでいて、伊勢丹に来たような気分です。ただ1つ違うのは、ヒジャブをまとったイスラム系の女性がとても多いこと。街を歩いていても、電車に乗っていても、同じような女性をたくさん見か けました。オイルマネーの台頭なのか、アラブの春の影響なのか、いずれにしても時代の変化を感じます。

洋服も靴もカバンもかわいくて、しかもセールシーズン。心浮き立つはずなのに、重要なことに気がついてしまいました。今買うと、重い。これからバックパックを背負って2週間旅をするのに、今荷物を増やすわけにはいきません。


しかたなく、公園でのんびりすることにしました。
サラダとスープと、なぜか日本で買ったパンを片手に芝生でゴロゴロ。イギリスじゃなくてもいいような気もしますが、こんなのんびりした一日も良いものです。

帰ってきた「もののけ姫」

6月26日から7月10日まで、お休みをいただいて海外旅行に出かけました。
上司が新婚旅行でお休みなので、今しかない!と2週間の長期休暇をいただくことにしたのです。

最初の滞在地はイギリス・ロンドン。
目的は、日本でもゴールデンウィークに上演していた舞台「Princess MONONOKE」の公演を見ることです。

「Princess MONONOKE」は、宮崎駿監督の名作アニメ「もののけ姫」の初の舞台化作品。演じるのは大学を卒業したばかりの若い劇団、Whole Hog Theatreです。
ロンドンでは4月に一度公演があったのですが、あっという間にチケットが売り切れてしまったため、6月に再上演となりました。この追加公演のチケットもわずか4時間半で売り切れてしまい、劇場の記録を更新したそうです。

日本での公演はとても素晴らしく、大盛況のうちに幕を閉じたのですが、ロンドン公演では1つだけ不安がありました。それは、日本とロンドンでは劇場の大きさがまったく違うこと。

日本では渋谷にあるアイア シアタートーキョーという800人が入る大きな劇場だったのですが、ロンドンの劇場はわずか100人しか入りません。当然、役者の動きも変わってきます。 舞台の見どころの1つは、3人がかりで動かす大きなパペットなのですが、小さな劇場では正直、出捌けも大変です。大きな舞台に慣れてしまった劇団のメン バーが、果たして小さな劇場に戻れるものなのでしょうか。

 

舞台を見て驚きました。4月にロンドンで見た公演とも、5月に日本で見た内容とも違うのです。

いや、ストーリーは忠実に「もののけ姫」なのですが、細かい演出が加えられ、いままでなかった表情や動きが入っています。それはただの映画のコピーではなく、再現でもなく、新しい「もののけ姫」なのです。

演出家のAlexに訊いたら、日本公演が終わってから少し時間があったので、さらに改良してみたとのこと。毎日、毎回、変わっていく。舞台は生き物だと言いますが、その面白さというものをあらためて教えてもらったような気がしました。

役者のみんなも、日本公演での成功を受けて自信を深めたのか、これまで以上に堂々と、そしてのびのびと「もののけ姫」の世界を生きていました。パペットの動きもより洗練されています。

彼らの夢は、世界中で活躍すること。実際に、今回の成功を受けて海外から招聘のオファーも来ているそうです。「いまはゆっくり検討しているとこ ろ」とAlexは笑いましたが、彼女たちならきっと、どこに行ってもさらに素晴らしい作品を見せてくれるに違いないと期待しているのです。

負の再生産は、自分の世代で終わりにしよう

本日は、ただ心の赴くままに。

 

東京では視界一面が真っ白になるほど、初雪の降り積もった成人の日。
遠くに外出するのもおっくうで、近所の図書館をぷらぷらしてた。

 

ふと「新刊図書」のコーナーを見ると、子ども向けの絵本が目に入った。
内容はずばり「Google」。
なんでも海外の子ども向けの本を翻訳したものらしいのだけれど、
それを見た瞬間、くらっとした。

 

 

日本の子どもに向けて伝えることは、もっとちゃんと、日本の中にあるだろう、と。

 

 

たとえば楽天でもiモードでも任天堂でも、日本で生まれて、
日本人の生活を変えたものはたくさんある。
日本の子どもたちに遺す物語なら、そういったところに、もっと目を向けて欲しい。

 

「アメリカがすごい、日本はそれに比べてダメだ」
そんな言葉は、もう聞き飽きた。
自分たちで築き上げた歴史を肯定して次世代に伝えることに、
何をてらうことがあるだろう。

 

 

未来に必要なのは、自分たちを信じて、これからの困難を切り開いていく力。
そこに自分たちの歴史の肯定は欠かせないものだと思うから。

 

 

負の感情の再生産は、自分たちの世代で終わりにしよう。
そのために、できることをしよう。

 

 

そんなことを思った、13回目の「成人の日」。

孤独になる日

お正月休みはジブリウィークにしよう、と思って、
宮崎駿さんの本やDVDを見ている。

 

一番最初に見たのが、NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀スペシャル 宮崎 駿の仕事」。「崖の上のポニョ」の制作~公開の時期、宮崎駿さんにNHKのカメラが密着したドキュメンタリーだ。

 

「一番人間が孤独でいるときに声をかける必用は全然ないんだよ」

 

宮崎さんが映画作りに向けて自分を追い込んでいた時期、カメラに向かって言った一言。
”創作において孤独は必用ですか?”というカメラマンの質問にも、

 

「映画はそういう時間につくるんだよ」

 

とだけ言った。
それがすごく、私の胸に響いた。

 

「人によって違うだろう」と宮崎さんは言うけれども、
孤独になる時間の必要性を、教えてもらった気がした。

 

 

私の数少ない趣味の1つが海外旅行で、だいたい年に一度はバックパックを背負って旅に出る。行き先はアジア・アフリカ・ヨーロッパ。アメリカとオセアニアにはまだ興味がなく、北極と南極にバックパックで行く勇気はまだない。

 

昨年はロシア・イスラエル・ホンジュラスと贅沢にも3回海外に行ったけれども、いずれも1人旅ではなく、パック旅行か、現地の人に常に案内してもらった旅だった。
どれも刺激的で思い出に残る素晴らしい旅だったけれども、どこか物足りない自分がいて、その理由を探してた。

 

その答えに、出会った気がした。

 

 

私は旅の中で、孤独になる瞬間を探していた。
それは1人でどこかに出かけたいとか、誰とも話したくないとか、そんなことではなく、

 

ただ、自分と向き合う時間。

 

言葉もなく、音楽もなく、思考もなく、
自分の呼吸と、心臓の音と、
木々や波や星の音を聞きながら、

 

ただ、世界と見つめ合う時間。

 

 

そんなものが、
生きていく上ではときどき、必要なんだと思う。

 

自分という曖昧な存在を、確かにそこに存在させるために。

2013、リスタート。

2013年、喪中につき新年のご挨拶を失礼させていただいておりますが、

みなさま本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

思えば2012年は、ほとんど文章も書かず、仕事もしない1年でした。

こんなんでいいのかなーと思いつつ、日々のよしなしごとに身を紛らわしておりましたが、

縁あってお誘いいただいた冬コミの「久谷女子便り第五号」に寄稿させていただいて、「やっぱり文章を書くのってすごい楽しいな-」と改めて思ったり。

その後、久谷女子のみなさんから「ながいたんの文章がまた読みたい」と言っていただけたり。

年末にDVDで見た「プロフェッショナル 仕事の流儀スペシャル 宮崎 駿の仕事」で、宮崎さんのクリエイターとしての生き方にすごく刺激を受けたり。

 

そんなこんなで、2013年はもういちどちゃんと、“ものかき”として生きていこうかなと決意した次第です。

 

 

4gamer連載『会社経営はクソゲー過ぎる!――ユビキタスエンターテインメントの清水亮氏がゲストの「ゲーマーはもっと経営者を目指すべき!」第9回』でドワンゴの川上会長が「ずっと××をしていたいだとか,そういう価値観を持てる人っていうのは幸せ」と言っていましたが、

私の場合は、ものさえ書いていれば幸せだから。

 

逆に言えば、そこから離れたら、幸せではないから。

 

 

そんなことを、ようやく改めて確信するに至ったから。

 

 

 

より良いものを書けるように、自分に素直になる。

そして素直な自分を、他人にぶつけることを恐れない。

世の中にアピールすることを、怖がらない。

 

そんな自分になっていきたいな、と思います。

 

 

 

何か面白いものかき系の企画がありましたら、ぜひお誘い下さい。

2013年も、あらためてどうぞよろしくお願い致します。